ロケーション・アクセス LOCATION・ACCESS

LONG DUC INDUSTRIAL PARK トップページ > ロケーション・アクセス
施設名 距離 車での所要時間
ホーチミン市中心部 約40km 約50分
タンソンニャット国際空港 約43km 約80分
カトライ港 約30km 約40分
ロンタン新国際空港 約14km 約20分
カイメップ・チーバイ港 約40km 約60分
工業団地として陸路も海路も空路も、最適なロケーション
ホーチミン市へと続く国道1号線、カイメップ・チーバイ新港へ向かう51号線などの主要道路に非常に近い立地です。
2015年に南北高速道路「ホーチミン・ロンタン」間が全面開通し、ホーチミン中心部から約40km、車で約50分の距離になりました。
カトライ港まで約30kmの好立地です。
カイメップ・チーバイ新港まで約40kmという便利な立地です。
2025年には約14kmという至近距離に、ロンタン新国際空港が開港予定です。(現在の国際空港であるタンソンニャット空港は国内専用空港となる予定です)
自然災害の可能性が少なく、安定した地盤
標高が40m前後あり、周囲もなだらかな丘陵地帯であるため、洪水の心配がありません。(ハザードマップによると過去の洪水履歴はありません)
地耐力:10~15トン/㎡の良好な地盤を持ち、工期短縮や建設コスト削減が期待できます。
現在のベトナムのコンテナ取扱の約4割を占めるカトライ港 現在のベトナムのコンテナ取扱の約4割を占めるカトライ港
カトライ港の年間コンテナ取扱本数は約580万TEUと多く、ベトナム全土のコンテナ取扱量の約5割を占めます(2015年)。
ロンドウック工業団地とは約30km、車で約40分の距離です。
ベトナム唯一の大水深港湾の開発 カイメップ・チーバイ新港
ロンドウック工業団地の南に位置するカイメップ・チーバイ港においては水深14m、6,000TEUクラスのパナマックス船が寄港可能な新港が2017年12月時点には港開港済、将来的には計14港開港予定です。
ベトナムの他の港湾では、大型船が入港できないため、香港・シンガポールなどで積み替え作業が必要になり、リードタイムが伸びるばかりでなくコストも上がります。
近い将来、カトライ港に代わりカイメップ・チーバイ新港がベトナム南部の中心になる事が予想され、東南アジアのハブ港湾へ発展いたします。
新港はロンドウック工業団地から約40kmという至近距離にあり、物流拠点として大きく期待できます。
ベトナム南部の経済発展を促す世界最大規模の空港建設プロジェクト:ロンタン新国際空港
2025年の完成に向けて建設が進められているロンタン新国際空港は、4本の滑走路・4つのターミナルを有し、年間で1億人の旅客と500万トンの貨物を処理できる、世界最大規模の国際ハブ空港となる予定です。
高速道路などベトナム南部の交通インフラと接続することで、南部の交通と物流を一層活性化させ、産業と経済の更なる発展に寄与します。
ロンドウック工業団地から約14kmという至近距離に位置する為、ロンドウック工業団地のテナント企業様の「空の物流拠点」として期待されます。
ページの先頭に戻る